浄水器の仕組み|おいしい水を飲む|浄水器の水を生活に活用する

おいしい水を飲む|浄水器の水を生活に活用する

浄水器の仕組み

ウーマン

大昔では、水を飲む時の細菌対策として容器に砂や石、炭などを規則正しく並べ、そこに水を入れて濾過させていました。もちろん、日本の水道から出る水を飲んでも殺菌されているので腹痛を起こすようなリスクはないに等しいですが、カルキの味が気になるなら浄水器を使いましょう。また、海外ではこういったきれいに飲める水そのものが貴重な場合が多いので水分の多い食べ物を使って喉を潤しているところもありました。浄水器の仕組みは、一昔前からある浄水方法をより近代化させたものです。
浄水器の中でも多いのが、カートリッジを使った濾過方法です。このカートリッジは上記した石や砂などで濾過するよりも高い効果を発揮し、瞬時にきれいなお水が飲めるのが特徴です。しかし、このカートリッジには使用期間があり、大抵の場合は数ヶ月でその効果がなくなってしまいます。その場合は、カートリッジを交換すればまた浄水器できれいな水が飲めることになります。カートリッジ交換の際に気を付けるべき事は、浄水器にあっているものかどうかだということです。サイズなどが違うと使用できないことが多いので交換前にカートリッジの確認をしておきましょう。
ちなみに、浄水器の水を保管する場合は、保管する容器も気をつけなければなりません。容器も煮沸消毒で殺菌し、できるだけ空気に触れないようにして水を入れたあとしっかりと蓋を締めて空気に触れないようにします。そして、できるだけ涼しい所に保存すれば、いざという時の備えとして浄水器で作った水を保管することができます。

Copyright © 2016 おいしい水を飲む|浄水器の水を生活に活用する All Rights Reserved.